LOG IN

自信の付け方と人間関係で悩まない方法

by ひらけん

自信の付け方

とにかく与える

与えられる前に与える。与えると何が起こるか。

感謝される→頼られる(頼まれる)→信頼される→感謝される

これが好循環。よく聞くギブアンドテイクは、返す側(ギブされた側)の意識の持ち方です。他人から何かしてもらったら返したくなり、返さないといけない感覚に陥りますが、これは返報性の原理とも言われます。人としてこの感覚は持ち合わせておきたいが、返したくなるかどうかはその人次第なのです。

ギブ(与える)したからと言って、テイク(受け取る)できるとは限らない。これを理解しておかないと、「こんなに私は尽くしてるのに…」「せっかく手伝ってあげたのに、こっちが困ったときは手伝ってくれないなんてヒドイ!」なんて話になります。が、良いことしたのに相手にもそれを求めるのは…

世の中ギブ&ギブ&ギブ&ギブぐらいの余裕を持って生きることです。返してもらえたらラッキーぐらいの心の持ち方をすると楽になります。


誰もやりたくないことをやる

では、具体的に、まずは何から手をつければいいのか。それは、誰もやりたくないことをやることです。自分がめんどくさいと思うことは、みんなやりたくないからです。

だったら、それをやる。他人からしたら、それをやってくれる人はありがたい人です。「ありがとう」と感謝されて嫌な気分になる人はいないでしょう。


小さな成功体験を積み重ねる

自信を持つには、成功体験を積み重ねることだと思いますが、では成功とは何か?
それは、『達成感』『認められる』ことだと考えます。内から湧き出てくるものと、外から与えられるもの。

①達成感…目標を達成する。きついことをやりきる。勝負に勝つ。実積を残す。

②認められる…「いいね」をもらう。褒めてもらう。期待される。感謝される。

『達成感』

自分やチームで目標を設定し、それをしっかり達成する。例えば、毎日のランニングを1週間、1ヶ月、1年続ける。単純にレースや勝負で勝つ。資格を取るでもいいでしょう。

『認められる』

つまり承認欲求を満たせばいいのです。ここで前述した、「とにかく与える」の話が出てきます。そして、手っ取り早い方法は、人がやりたくないことをやって、感謝されること。これが1番早い。そうやって積み重ねた成功が、大きな自信に変わる。信頼されていくので仲間も増える。自分の存在理由も見えてくる。

仕事の話に少し触れると、そうした「誰もやりたくない仕事」を嫌な顔ひとつせず実行できる人は信頼されます。それが大きな強みになる。当たり前のことを当たり前にできない人も多いから、当たり前を当たり前にできる人は意外と希少価値がある。


人間関係で悩まない方法

嫌いな人と上手く付き合う

10人いたら、1人ぐらいは少し苦手だなとか、嫌いだなって人はいるのではないでしょうか。そういう人と何か一緒に活動せざるを得なかったりすると、憂鬱になる。

仕事で一緒にプロジェクトを進めなければならない。大学で一緒のクラス、実験の班が一緒などなど。まずは、なぜその人のことが苦手・嫌いなのかを考えてみましょう。

「いつも私にだけ厳しい」
「いつも怒ってくる」
「いつも愚痴ばっかりで何もしない」
「協力的じゃない」
「人の悪口ばっかり言ってる」

上記の理由意外にも、色々と思い浮かぶかもしれません。しかし、頑張って良いところを見つけましょう。意外とあります。心の底からイジワルをしている人はほとんどいません。本人が気付いてないパターンが多いということを理解しておきましょう。

ここで、嫌いな人をもう一度見直してみます。嫌いな人であるという意識があると、嫌いなところしか見えないので、フィルターをかけることなく考えてみます。

「いつも私にだけ厳しい」 → 本当に私だけか?他の人にも厳しいのでは?
「いつも怒ってくる」 → 優しく接してくれたことはないか?
「いつも愚痴ばっかりで何もしない」 → 本当に何もしてないか?自分の知らないところで実は動いているのでは?
「協力的じゃない」 → 本当にそうか?実は何かに不満や悩みを抱えているだけでは?
「人の悪口ばっかり言ってる」 → 悪口以外に、意外と良い話もしてはいないか?実は悪口ではなくて、指摘しているだけでは?

このように、相手の言動に対して疑問を持ち、より良いところを見つけようとすることで、その人の魅力が見えてくるかもしれません。


僕のバイト時代の話

コンビニバイト時代、サングラスをかけて、いかにも怖そうなお客さんがいました。レジでも、さっさとしろと言わんばかりの圧力を感じていました。普通に接客していたら、ただの怖いお客さんで、「あぁこの人のレジしたくないな…」で終わっていたかもしれません。

しかし「本当に怖い人なのか?実は良い人では?」と考えてみました。そこで、いつも買うタバコの種類を覚えて、あえて話しかけてみた。すると、結論から言うと、めちゃくちゃ良い人だったわけです。それ以来、僕がシフトに入ってるときは、レジで会話するようになりました。

他のお客さんを例に出すと(これもまたサングラスの方)タバコの種類も覚えて、支払い方法もすべて覚えて、全部先回りした。すると、僕のことを気に入ってくれて、奥さんにも紹介してくれて、それ以来、夫婦で来たときもレジで会話するようになりました。

数えるとキリがないですが、一見怖そうだな、関わりたくないな、苦手だなという人に対して、徹底的にギブしてみました。タバコを覚えるのもそうだし、商品の詰め方から、袋がいるのかどうか、いつも何を買うのか、タバコとその他の商品は別の袋にいれるのか、直接報酬には繋がらないし、いちバイトがそこまでする必要は全くありません。

しかし、そうやって、お客さんがいかに楽ができるか、喜ぶかを考えて、さらに外見や雰囲気で判断せずに良いところも探してみました。すると、常連で仲の良いお客さんがたくさんでき、レジが混んでても「早くしろ」ではなく「忙しくて大変だね~」と言ってもらえる経験もありました。「ありがとう」と感謝の言葉をかけてもらうことも増えました。

そういうことを繰り返していたら、お客さんから嫌なことを言われることが圧倒的に少なくなったし、僕がバイトを辞めるときには多くのお客さんが悲しんでくれました。寂しくなるね、と。なかなか貴重な体験をすることができたと、いまでもコンビニバイトの経験は生きています。

上記は、成功体験も含んでいることがお分かりでしょうか。自分が苦手だと思っていた人の見方を変え、徹底的にギブしてみる。それで無理だったら諦めればいい。苦手だけでなく、暴力やセクハラが伴うのであれば、それは逃げましょう。精神的に追い込まれるようなことがあれば、それも勇気を持って逃げましょう。我慢して頑張るべきタイミングと、逃げるべきタイミングは判別しにくいですが、自分が限界を感じたら逃げるべきです。

まとめ

結局のところ、『自信を持つ』には、『成功体験を積む』ことが必要です。その成功体験を積むには、例えば人が嫌がることを率先的にやって、『人に感謝される』経験をする。そして、もし周りに苦手な人がいれば『良いところを探す』べし。そしてここにもギブの精神を組み込んで見る。これに尽きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひらけん
OTHER SNAPS